アフィリエイトで稼げる記事はどんな記事?

アフィリエイトで稼げる記事はどんな記事?ビデオマガジン:Monday Voice!

こんにちは、Teresaです(‘◇’)ゞ

アフィリエイトの作業、
毎日コツコツ続けられていますか?

「作業しなければ稼げない」
コレは大前提のお話しですが、

「作業しているのに稼げてない💦」
コレは大問題ですよね・・・。

✤アフィリエイトで稼いでいる人って
 本当にいるのかと疑いたくなる(;´・ω・)

そんな気持ちになるコトもあるでしょう。
でも!稼いでいる人はいます!

ではどんな記事を書いたら、
稼げるようになるのでしょうか?

続きはMonday Voice!で聞いてみる?

稼げる記事には基本の要素が5つ 揃っている

1.ページが見やすい

2.読みやすい

3.記事の内容がわかりやすい

4.情報が整理されている

5.知りたかった答えがある

正直、どーってコトない、
当たり前のコトですよねぇ(/・ω・)/

でもきっと、その当たり前が出来てない💦
から稼げていないのだと思います。

スマホユーザーとPCユーザー どちらの訪問が多いですか?

あなたの記事に訪れてくれる人は、
「スマホユーザー」と「PCユーザー」
どちらのデバイスが多いか把握してますか?

多分、スマホユーザーさんが圧倒的に多い!
のだと思うのです。

それならスマホから見た時に、
あなたの記事が見やすいかどうかを
実機でチェックしてみるべきですよね?

✤コレをやっていない人、
 残念ながら本当に多いのです(´;ω;`)

記事を書く作業はPCでする方がラクなので、
スマホで作業する必要なんてないですけれど
記事をアップした後、
実機で見え方チェックする人は少ない。

見え方チェックしていないのですから、
実際にどう見えているかなんて、
わかっているはずがないのですよねぇ。。。

文章を読む前に、
なんか見づらい記事だなと思ったら、
ユーザーさんはカンタンに離脱しますよ💦

あなたの記事、 読みやすい構成ですか?

イヤイヤ、日本語で書いているからねw
日本語読めるなら読めるでしょwww

そう考えるのは書き手のエゴです。

漢字が多すぎても読みづらいし、

ひらがなカタカナが多すぎても読みづらい

句読点が少なくても読みづらい

書いている時には気づいていなくても、
読み返してみると読みづらいってコト、
よくあるのですよ。

書いている時はね、一生懸命だから。
気づいていないだけなのです。

稼いでいる人は読み返している

稼いでいる人|読み返す

稼いでいない人|書きっぱなし

この差は些細なようで、
とても大きな差だと気づきましょう。

記事を書き上げた後、
一度でも読み返しておけば、

誤字脱字に気づけたり、

わかりづらい表現に気づけたり、

読みづらさに気づけます。

誤字脱字が多いと信頼度が下がり、
わかりづらいと共感度が下がり、
読みづらいと離脱度が上がります。

でもちゃんと読み返してチェックすれば、
すぐに修正できるコトばかりです。

あ、出来れば読み返す時には、
声に出して読み上げてみてください。
(✤声は小さくてもよいのでw)

黙読していても、
人はリズムを持って読んでいます。

誤字脱字の箇所でリズムが止まり、
わかりづらい箇所でリズムが狂い、
読みづらければリズムが取れない。

そういう箇所を見つけるためには、
読み上げチェックが最適なのです♬
(✤しかも読むだけだからカンタンwww)

わかりづらい内容の記事、 あなたは好きですか?

何度読み返してみても意味不明な内容、
あなたは好感を持てますか?

きっと多くの人は、
「意味わからん(;´・ω・)」と離脱します。

意味わからん記事から、
購入したり登録したりする行動なんて
する気になれないですよねぇ?

・・・何度読んでも意味わからん記事で
稼げないのは当たり前。
(✤普通は何度も読んでくれません💦)

読後感が悪い記事は稼げない

で?何だったの?
誰かの(どこかの)記事を読んだ後、
そう感じたコトはないですか?

ダラダラと色々書いてあるけれど、
うっすーい内容で何も解決しない記事とか。

結論も書いてないのに、
最後は決まって「まとめ」ているとか。
(✤でも【まとまって】もない(/・ω・)/)

「記事を最後まで読んだわたしの時間、
返してくれよっ!!!」
そう叫びたくなる記事、イヤじゃないですか?

もしイヤなら、読み返してみてください。
あなたの記事は大丈夫ですか?

記事放浪しなくてもよい記事は 離脱率が低い

で?何が言いたいの?
コレも読後感に関連するコトガラです。

記事に罹れているその商品やサービス、
結局のところいいのか?悪いのか?

どう使うとよくて、
どう使ったらよろしくないのか?

類似商品との違いは何か?

何が入っていて
何が入っていないのか?

などなど。。。

わたし達がユーザー側に立っている時には、
知りたいコト山ほどあるはずなのに、

自分が記事を書く側になると、
ユーザー側の気持ちを忘れてしまう。

全部書き切ってから、
必要のない情報だなと思えば削除して、
足りない情報は追加する。

あなたの記事に情報が集約しているのなら、
他の記事を読みにいく必要はないはず。

もし情報のみの記事内容で、
成果に直接つながる記事ではないのなら、
成果につながるページにリンクする。

その記事1記事だけで考えるのではなく、
サイト全体で構成を考えておけば、
情報のみの記事からも成果に繋がるのです。

稼ぎたい気持ちが強すぎると ダメ記事を作りやすい

稼ぎたい気持ちが強いコトは、
決して悪いコトではありません。

だってその強い気持ちが、
作業をするモチベーションになるから。

でも、稼ぎたい気持ちが記事に出ると、
ユーザーさんの気持ちが置いていかれるので、
稼げない記事になってしまうのです。

こちらが求めてもいないのに、
猛烈プッシュをかけられ続けても、
手に取る気にはなれないですよね?

商品でもサービスでも恋愛でもwww

きっとコレはオフラインの営業でも
同じコトが言えるのだと思います。

対面だとわかっちゃいますよね?
ただ売りたい人って。

実は字面にも出ちゃうのですよ。
ただ売りたい人かどうかって。

あなたの記事が「ただ売りたい人」
を感じてしまう記事かどうかは、
あなた以外の誰かに読んでもらうとよいです。

そして遠慮なしの指摘をガンガン!
貰えるだけ貰うべきです。

よいコト言って頂ければ自信になるけれど、
キッツいコト言われ続けたら、
そりゃ気分も下がるし凹むでしょう。

でも凹んだらそこで負け!だし、
悪口かよ(;´・ω・)と泣きたくなっても負け!

修正できるポイントを沢山くれたのだと、
たくさん感謝しましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

あ、くれぐれも・・・
誰かに読んで頂く前には、
1度は自分で読んでセルフチェックは必ず!
しておきましょうね。

記事を書いたら

とにかく1度は読み返せ(・ω・)ノ

コレを忘れないでください。

セルフチェックもせずに
誰かに読んで頂くのは失礼ですから。

読んで下さる方の時間を奪うコトなのだと
自覚してお願いしてしましょうね♬

努力は毎日少しずつ

記事作成も毎日コツコツ少しづつでも積重ね、
書いた記事は書きっぱなしではなく、
大切にケアしてあげて欲しいです。

最初は慣れないかも知れませんが、

記事を書き上げたら必ず!音読する

最低でも誤字脱字の修正はする

見え方や読みづらさがないかチェックする

記事を書くだけではなく、
仕上げの作業までを丁寧にしていけば、
スキルもどんどん上がります。

アクセスが来るようになったページには、
更に検証と修正を掛けてあげてください。

そうやって毎日コツコツ積み上げた努力は、
必ず成果に繋がっていくはずですよ♬

コメントはコチラから

タイトルとURLをコピーしました