アフィリエイトの作業、何時間やったら稼げますか?

アフィリエイトの作業、何時間やったら稼げますかビデオマガジン:Monday Voice!

こんにちは、Teresaです(‘◇’)ゞ

アフィリエイトの作業時間、
あなたは1日どの位の時間を使っていますか?

1日の中で、あなたがアフィリエイトの作業に使う時間は?

1時間以下

1時間以上2時間以下

2時間以上5時間以下

5時間以上

普通に考えてみれば、
作業時間が1時間以下の人よりも、
5時間以上の人の方が早く稼げるに違いない。

特にアフィリエイトを始めたばかりなら、
初報酬により近いのは、
作業時間1時間以下の人より5時間以上の人。

・・・時間だけ見れば、ですね。

ですが、アフィリエイトというビジネスでは、

「作業した時間」=「稼げる金額」

という考え方は正しくない。

のです。

続きは音声で聞いてみる??▼

「アフィリエイトは稼げない!」という人が
時給に換算すると…なんて言ったりしますが、

そもそもアフィリエイトは時給換算して
おいしいビジネスかどうかを計るビジネスでは
ないワケですよ。

✤「時給換算なんてするな!」とまでは
 言わないけれど、始めたばかりだというのに
 時給換算するのはヤメた方がよいですよw

 だって”マイナス”にしかならないのだから。

 気持ちの上でマイナスだから、
 というだけではなく、きっと間違いなく
 「時給もマイナス!」だから。

✤時給換算して悦に入れるようになってから
 計算してみるべきですwwwww

と、色々アタマではわかっているけれど、
どれだけ作業したら稼げるようになるのか?
知りたいと思うのも自然なコトだと思います。

では、1日何時間作業をしたら、 稼げるようになるのでしょうかねぇ?

わたしの答えは

「その人によって必要時間は異なる」

です。

成果が出るまでの必要時間が 人によって異なる理由

選んだテーマによって違う

選んだ案件によって違う

作業した内容によって違う

作業の進み具体によって違う

ライバルの大きさによって違う

選んだテーマによって、 稼げるまでの時間が違う理由

例えば「脱毛」をテーマとして選んだとして。

脱毛をした経験があるか?

脱毛をしたいと思った経験があるか?

この2つがあるかどうかだけでも、
結果は違ってくると思いませんか?

或いは、脱毛をしたコトも、
脱毛をしたいと思ったコトもなくても、
脱毛したコトがある人、したい人に対して
興味を持っているか?興味を持てるか?

脱毛に興味も関心もない、
脱毛をしたい人にも興味も関心もないなら、

脱毛の経験者、脱毛したい人、
脱毛した人、したい人に興味関心がある人に
記事の内容で勝てるでしょうか?

✤コレはアフィリエイトの経験が「ある/なし」
 ではありません。

選んだ案件によって、 稼げるまでの時間が違う理由

例えば、

アプリに無料登録で1件自動承認案件

転職サイトに無料登録で手動承認案件

どちらの方が早く、
確定の成果が出ると思いますか?

「自動」か「手動」なら、
「自動」の方が早いに決まってますよね。

✤「自動承認」は、成果発生=確定。
 「手動」は広告主が手動で後日確定する。

この場合で言えば、
単なる確定する日数だけかも知れませんが、

転職サイトの案件の成果地点は、
無料登録後に登録者と連絡が取れるコトなどが
成果条件になっていたりします。

この成果条件が原因で、
転職系案件は確定率が悪かったりする
というコトがあります。

ココまで見ると、
アプリ案件の方がよさそうですwww

但し、自動承認のアプリ案件は、
1件当たりの成果額が小さいコトが多い。
(✤1件数百円とか・・・)

それに対して転職案件の方は、
数千円から1万円以上と、成果報酬額としては
高めな案件が多いです。

無料登録で自動承認だけど1件数百円

無料登録で手動承認だけど1件数千円

どちらを選ぶのか?悩ましいですよね。

今のわたしなら、

 手動案件で確定率低いけど1件数千円
 という案件を選びますが、

初心者に戻ってやり直すなら、

 間違いなく自動承認で1件数百円の案件
 選びます。

何故なら、成果報酬額が高い方が、
獲得が難しいという方程式が成り立つから。

そして1件数百円であったとしても、
成果件数を積重ねられる方が、
成果額が大きい案件を取れるようになるための
ステップとしては近道だから、です。

つまり「報酬額が高い」=「獲得難易度高い」
それなのに初心者のうちに取り組んでしまうと
稼げるようになるまでの道のりは長い!
ってコトなのです。

作業した内容によって、 稼げるまでの時間が違う理由

例えば1日1記事書いて、
3か月後に90記事以上出来たとしましょう。

1記事ずつ丁寧に書いた90記事

ほぼ同じ内容のコピペに近い90記事

どちらの方が先に成果が出ると思いますか?

✤普通に考えてみれば、
 1記事ずつ丁寧に書いた90記事の方が、
 確実に早く上位表示されて成果が出そう。

まぁ、あまりにも極端な例ではありますが、
作業した内容というのは、例えばそういうコト

ほぼ同じ内容のコピペに近い90記事でも、
何もせず3か月を過ごしてゼロ記事よりは
そりゃマシではありますけれど、

成果への道は決して近くはないですよね…。

作業の進み具合によって 稼げるまでの時間が違う理由

例えば3か月で90記事書いた後、

クエリあり/アクセス状況を把握できた

アクセス数あり/広告へのクリックもある

という場合と、

クエリなし/アクセスほぼなし

アクセスほぼないので広告クリックもなし

という場合ならば、
どちらの方が成果発生に近いですか?

当然「クエリあり/アクセスあり」で、
広告へのクリックもあるサイトの方ですよね?

ココまで出来ているのなら、
記事の修正作業が出来るようになりますから、
成果発生まではあと一歩!です。

一方で「クエリなし/アクセスなし」の場合、
そもそも狙うキーワードを間違った💦
という致命的な理由があると考えられるので、
最初からやり直し!という時間的リスクあり。

成果発生以前の問題として、
アクセスを呼ぶまでの過程を考え直すべき。
成果までの道は遠くなりそうです。

が!ココで失敗した分をしっかり分析して、
次のサイトに失敗を活かすコトが出来れば、
2サイト目では早く芽が出るかも知れません♡

✤一見すると、
 前者の方が早く稼げそうですが、
 失敗をどのように分析して、
 2度目のサイトをどのように運営するか?

 ココでその後が大きく分かれるコトも!

✤初報酬が早かったからと言って、
 その後の伸びも早く大きくなる!
 とは限らないのです。

ライバルの大きさによって 稼げるまでの時間が違う理由

例えば

いつも同じサイトが1ページ目にいる

大きなサイトが1ページ目に幾つもある

公式サイトと公式関連が1ページ目にある

というジャンル(キーワード)の場合と、

お役立ち記事だけが1ページ目にいる

アフィリエイト記事は1ページ目にいない

公式サイトは出てこない

というジャンル(キーワード)の場合、
どちらの方が早く成果が出ると思いますか?

パッと見すると、
後者の方が良さげに思えますよね?

✤それってブルーオーシャン狙えるってコト!?
✤もしかしてお宝キーワード的な!?( ゚Д゚)

その可能性はゼロ!…ではありませんが、
初心者がコレを発掘出来る可能性というのは、
限りなく低いと思ってください。。。

そして後者の場合、
稼げないキーワードを選定してしまった確率💦
の方が高いと考えた方がよいと思います。

ライバルは大きすぎれば、
超えるコトが難しいジャンルですが、
ライバルが全くいないというのも、
稼げる可能性が低いと考えるべきなのです。

その見極めは最初からは難しいかもですが、
大きすぎるキーワードで戦おうとせず、
中小のキーワードを掛け合わせて、
中小のライバルサイトと同じフィールドで
まずは闘ってみましょう。

・・・とは言っても、
アフィリエイトで成果を出すためには、
ライバルと闘うコトが近道ではなく、
ユーザーの気持ちに近づくコトこそが、
近道なのですけどね・・・(・ω・)ノ

✤ユーザーの気持ちに近づければ、

ライバルも越えられるし、

成果もちゃんとついてきます。

と・・・長々書きましたけれど、
最後にもう一度書いておきましょう。

アフィリエイトの成果を出すまでの時間は、
何時間作業をしたら出る!というモノではなく

作業内容や選んだジャンルや広告案件、
作業した結果と次につながる検証作業や
修正作業などすべてが絡まってくる・・・

ので!人によって違います(・ω・)ノ

✤早く成果を出したければ、

 何時間がんばったかな?と考えるより、
 作業した内容と次にどうつなげるか?
 検証と修正にアタマを使いましょうwww

ってコトで、
今日もコツコツ作業ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
がんばりましょう=3

コメントはコチラから

タイトルとURLをコピーしました